2006年09月08日

ドロップシッピング、メーカー側のメリット:補足

先日の記事「ドロップシッピング、メーカー側のメリット」にて追加質問をいただきましたので、この記事上で回答させていただきたいと思います。

> 「ドロップシッピングでないと提供できないメリット」のようには思えないのですが。
ドロップシッピングの場合、今まで小売を行なった事がない個人が低リスクで気軽に行なえるという事で個人ユーザからは斬新なシステムと見られがちです。しかし、メーカー側から考えるとドロップシッピングとは今までの「卸」と「小売」の関係をWEB上で効率化し、かつメーカー(卸)と販売店(小売)の役割分担を徹底したものといえるのではないでしょうか。

つまりドロップシッピングが突然に現れたものではなく、今まであったものをWEB上に持ってきたといえるため、ドロップシッピングならではと言うと少々、悩むのですが、挙げるとすれば以下の2点かと考えます。

1.従来の卸・小売関係と比べた場合のドロップシッピングのメリット
販売店は低リスクで手を出せるため、売れるかどうかが微妙な商品に関しても商品ラインナップとして並べる事が可能になり、より多くの小売に販売してもらいやすくなります。そのうえ、ドロップシッピングだと副業として行なう個人も気軽に販売店となれるため、取引できる小売がこれまでより格段に増加します。

2.アフィリエイトと比べた場合のドロップシッピングのメリット
「問い合わせ・クレーム対応もASPが対応」などのサービスも出現してきているため境界線が曖昧になってきているのも事実ですが、販売店に「小売価格を自由に設定できる」という裁量を与える事により、単に広告を貼る事しか出来なかったアフィリエイトに比べると販売店側の創意工夫がより発揮されより多くの売り上げを狙えます。

つまり、メーカーはドロップシッピングに「多数の小売の獲得」と「各販売店の創意工夫」の相乗効果による利益の増加を期待していると言えるのではないでしょうか。

> 「今後は(ドロップシッパーではなく)こちらに」と顧客に通知すれば。
もちろん、このような可能性は無いとはいえませんが、これはメーカーと販売店の信頼関係の問題だと考えられます。それに、販売店から顧客を奪うという事は販売店側に利益が上がらない事になりますので、販売店側が逃げていくのではないでしょうか(在庫を持たないので逃げるのも簡単です)。インターネットだと悪評というものは広がりやすいので、メーカーが販売店から露骨に客を奪うことは結果的にメーカーにとってマイナスになると思います。



この記事へのコメント
度々レスありがとうございます。
 で自分にはどうも「銀行や郵便局が扱ってい
る投資信託」のように思えます。「自分が求め
る投資信託が銀行や郵便局が扱っているそれで
あった」人もいるでしょうが、「預金みたいなも
ので、預金よりも割りの良い物」といった"イ
メージ"で買っている人も少なくないように思え
ます(売る方もそういう"イメージ"で売ってい
る?)。たとえ安全性の高いものであっても「元
本保証ではない」という点において投資信託は預
金とは"決定的に"違うものであるにもかかわら
ず。
 ドロップシッピングも「メーカー等に販売力
や顧客サポート力等を提供する」ためにやるとこ
ろもあるでしょうが、「アフィリエイトみたいな
もので、アフィリエイトよりも割りの良い物」と
いう"イメージ"でやろうとしている人もいるよう
に思われます(提供する側もそういう"イメー
ジ"でやろうとしている?)。それはドロップ
シッピング(というビジネス手法)にとっても好
ましくないのではないでしょうか。

 今後ドロップシッピングがどうなっていくかを
見守っていきたいと思います。
Posted by ブロガー(志望) at 2006年09月10日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。