2006年09月14日

mixi(ミクシィ)上場前夜〜SNSの問題点

ミクシィって楽しいですか?

18億の売上しかないのに1000億の時価総額が付くのではないかと言われているSNS最大手・mixi。しかし、ミクシィの魅力が今ひとつ分からない私にとってはSNSの企業がこれほど注目されている事は理解に苦しむ。

SNSの最大の問題だと考えているのが"マイミクが日記を書けば必ずコメントする"、"コメントがあれば必ずレスする"というような「暗黙の了解」があること。匿名のサービスであれば、よく見るブログであっても興味が無い記事であればコメントしないだろうし、誰かが自分のブログにコメントしてくれてもそれが頓珍漢なものであれば返信する必要もない。しかし実名公表のSNSではそれをしなければならないというプレッシャーがある。これが積もり積もれば「mixi疲れ」という精神的な病も引き起こすのであろう。

そして、mixiという企業にしても問題が無いわけではない。こちらの記事でも指摘されているが、業者による広告目的の登録が相当数に上ると思われる。また、当然、アダルトコンテンツに対する対応もしっかりしなければならないだろう。IT業界では少々の問題は後回しにして徹底的な成長路線を進む企業の方が好業績を残している印象もあるが、小さな傷口が大きな問題となる事もある。

上場後のmixiが最近、信頼が失墜しているIT業界にどのような影響を与えるかは注目したいが、ITバブルの(部分的な)再現にならない事を願う。


タグ:mixi SNS
posted by admin at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT業界 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

mixiの隆盛と今後
Excerpt: mixiは、招待された人のみが参加できるネット上の集まりと考えていい。横文字で言うとソーシャル・ネットワーキング・サービス(略してSNS)になる。楽天にも「楽天リンクス」というSNSがある。最近ブログ..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2006-10-06 19:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。