2006年09月23日

情報の海で溺れないためのソーシャルブックマーク活用術

最近、話題のソーシャルブックマークですが、結局は読まない記事ばかり登録していませんか?

ソーシャルブックマークはタグなどによる検索機能も備えてブラウザのお気に入りの欠点だった情報整理の面倒さを大きく改善してくれています。その反面、「ほんの少しだけ興味がある」程度の記事もブックマークしてしまうため結局、読むことの無い記事が増え続けるという現象が起こっている方も多いのではないでしょうか。

ソーシャルブックマークには基本的にブックマーク上限数などは無いのでITmedia「ソーシャルブックマークを情報整理の必須ツールに(後編)」で紹介されているような、「少しでも気になった記事はとりあえず登録しておく」という使い方も良いのですが、結局は読まないことになりそうな記事を登録する事は時間の無駄になります。(タグやコメントを省略すれば時間の浪費は減りますが、逆に検索性が悪くなります)

そこでブックマークする際の基準のようなものを設けるのはどうでしょうか。

私も利用している特にお勧めしたい登録基準が「近いうちに利用する情報のみを登録する」というものです。いずれ利用するかもしれない程度の情報は実際のところ結局は利用しない事がほとんどです。それにいざ必要となれば高性能な検索エンジンの揃う現在では比較的、容易に記事を発見できる事が多いでしょう。また「近いうちに利用する」という事は「現在の自分の実力で利用できる」という事だと思います。自分の実力を遥かに上回る情報を読んでも得るものはほとんどありませんし、この点でも有用ではないでしょうか。

この記事が情報整理に時間を取られすぎている方の一助になれば幸いです。

↓ソーシャルブックマークについて全く知らないという方はどうぞ
ITmedia「ソーシャルブックマークを情報整理の必須ツールに(前編)」


posted by admin at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | web このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。