2006年09月23日

未来の自分へのメール

インターネット時代のタイムカプセル?

FutureMe.org

↑のサイトから最大30年後の自分にメールが送れます。(友人や恋人に送ることも一応、可能。)

30年後の自分にメールを送るというロマンティックな使い方も出来ますし、実用的なところではちょっとした知人の誕生日にお祝いメールの送信予約をしておくのも有り・・・かな。ただ、送信元アドレスがFutureMe.orgのものでしょうからお祝いメールの使い方をすると手抜きしているのがバレバレですが(ぉぃ

問題はGIGAZINEでも指摘されていますが、30年後の送信とした場合、果たして30年後にも使えるメールアドレスはどれなのかという事。大手プロバイダのメールやYahoo!メールでも動きの激しいIT業界ですから、30年後には無くなっていたという可能性もゼロではありませんし。最も確実な方法は自分で取得したドメインでメールを設定して、それを30年間、手放さない事でしょうか。

まさか、これだけのために独自ドメインを取得する方はいないでしょうが、今ならValueDomainにてinfoドメインを390円/年で取得できます。


タグ:メール
posted by admin at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | web このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。