2006年09月24日

匿名ブラウザ「Torpark」の必要性

インターネットにどれほどの匿名性を求めますか?

Torpark:Download

数分ごとに利用するプロキシを自動で変更し、WEBサーバ側に伝わるIPアドレスを変化させる事により匿名性を高めたブラウザ「Torpark」。
ITmedia:サイト閲覧が匿名でできるブラウザ「Torpark」
ITmedia:匿名ブラウザ「Torpark」を使ってみました

閲覧したWEBサイトの履歴、検索エンジンなどで入力したキーワードから個人が特定される事を防ぐためには大きな効果を発揮しそうです。

ただ、欠点もあります。まず、プロキシ経由でアクセスする事によるアクセス速度の低下。仮にユーザが光ファイバを利用していて1秒以内に表示できたページでも、プロキシを経由したアクセスでは数秒待たされるというのもよくある事です。これは高速回線に慣れている方には相当なストレスとなるでしょう。

次に利用できないサービスが出てきます。プロキシは「荒らし」などを行なう者に利用される事もあるため、掲示板などではプロキシ経由の書き込みを拒否しているところも少なくありません。

これらの欠点を考えると個人ユーザが日常的に利用するには、あまり向かないと思われます。ただ、ブラウザ自体をUSBメモリに入れて外出先のパソコンで利用する事も出来るので、どうしてもIPアドレスを隠したい時などは利用すべきでしょう。

「Torpark」によってインターネット環境が大きく変化することは無いでしょうが、選択肢の一つとしてプロキシを簡単に利用できるブラウザがある事の意味は大きいと思われます。





タグ:ブラウザ
posted by admin at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。