2006年09月27日

ネット環境は整った、次は?〜日本とアメリカのネット事情

「ネット環境」と「斬新なサービス」の間に相関関係は無い?

Web2.0ナビ:米国人がうらやむ意外な日本のネット事情

日本と同じインターネット環境をアメリカで用意しようと思えば、2倍あるいはそれ以上のお金がかかるようですね。それどころか日本では一般化している数十MBクラスの回線はアメリカでは提供さえしていないようで。驚きでした。

しかし、回線速度という点では日本より遥かに遅いアメリカが相変わらずインターネットの最先端サービスを生み出し続けているというのは不思議ですね。やはり国民性の違いが大きいのでしょうか。「出る杭は打たれる」傾向にある日本では突飛な事は敬遠される傾向にありますから。

それに仮に日本でYouTubeのようなサービスが生まれていたとしても、おそらく著作権に敏感なテレビ各局がよってたかって潰しにかかりそうですよね。製作者の権利というのはある程度、尊重されるべきと思いますが、日本の現在の権利ビジネスは行き過ぎていて、むしろ経済的な発展を妨げている気さえします。このような既得権益に過度にこだわる風潮というのも斬新なサービスが登場しない原因かもしれませんね。

結局は日本人の保守性が問題というところでしょうか。ただ、堀江元ライブドア社長が注目を集めていた時に起業熱が過熱したように、何かしらきっかけがあれば熱くなる事もある国民ですから、先導役が現れれば斬新なサービスを生み出す風潮が育つ可能性もあるとは思います。


posted by admin at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | web このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。