2006年10月09日

mixi(ミクシィ)の問題点−画一的なマイミク関係

mixi(ミクシィ)と言えば閉じられた環境により自分を表現しやすいという考え方もありました。しかし、実際にはオープンなブログよりも表現を制約されているのではないでしょうか。

例えば、匿名なブログでは「他人の誹謗中傷はしない」などの基本的マナーと「実生活に影響を与えかねない情報は書かない」という事さえ守っておけば、どのような情報でも書けるでしょう。日本人は自己主張はあまりしない民族だとは思いますが、良くも悪くもブログ上では存分に自己主張しているという方も多いと思います。(なお、こちらの記事での事例のような事を起こしかねない方はネット上での情報公開にはより慎重になった方が良いと思われます。)

ところがmixi上では普段以上に発言が制限されているように思われます。これは何故なのか?私も理解しきれずにいたのですが、↓の記事を読んで解決に大きく近づいたように思いました。

カツ紅:そしてボクはmixiに絶望した
ish:mixi疲れと友達の友達

つまり、「周りは知人だけの閉鎖的空間である→より自由に意見を発表できる」という論理自体が実は成り立っていなかったといえるのではないでしょうか。ウェブに慣れていた方がmixiを始めた時に感じることが多いという違和感はこれなのではないかと思われます。

実生活では多くの方は相手によって多少なりとも付き合い方を変えていると思います。例えば、仕事上の同僚とはクールに仕事の話、それに対し友人とはマニアックな趣味の話というような方もいるでしょう。しかし、mixiでは「仕事上の同僚」も「趣味の合う友人」も同じマイミクという枠組みの中に入る。人間というのは普段の姿と違う姿を他人に見せる事に不安を感じるものなので、「同僚向けのクールな仕事の話」も「友人向けのマニアックな趣味の話」も出来ず、結局は無難な面白みのない話に終始してしまいます。

これに以前の記事(mixi(ミクシィ)上場前夜〜SNSの問題点)で書いた「"マイミクが日記を書けば必ずコメントする"、"コメントがあれば必ずレスする"というような"暗黙の了解"」の問題が重なります。つまり、無難な面白みのない記事に何かしらコメントをしなければいけないわけです。例えば「今日はモスバーガーで昼食をとりました。」というような本人以外には何の興味もない日記に対しても何かしらコメントしなければなりません。そして、投稿されるコメントも「私も先週、行きました。」、「おいしいですよね。」というような面白みのないものばかり。「給料安いんだからマクドナルドの100円バーガーで我慢」というような軽い毒のあるコメントを見ることなど滅多にありません。

つまり、mixiは無難な投稿しか出来ない画一的なマイミク関係を作り出していると言えるのではないでしょうか。誰からも似たような反応しか返ってこない人間関係ほど面白くない事はないでしょう。

確かに鶴野充茂さんが著書『SNS的仕事術』で主張されているように「SNSを自分を売り込むツールとして活用する」という方法もあるとは思います。しかし、実際にそれを実行しようと思えば、マイミクを仕事に関係する仲間に限定するという「人間関係を割り切って考える能力」、日記に公開する情報を適切に判断する「情報活用能力」、日記を面白く、かつ有用なものに見せる「文章表現力」が求められます。実際にこれだけの能力を身に付けるには相当な努力と慣れが必要になると思われます。

一般的理解と違って、「匿名ブログで自己表現するよりも、mixiで自己表現する方が格段に難しい」と言えると思われます。つまり、mixiの方が扱いやすいという理解が広がっているがために、かえってマイミクの画一的な人間関係を助長していると言えるでしょう。

※ なお、記事上では主にmixiに限定して記述していますが、ほとんどのSNSに当てはまると思われます。


タグ:mixi SNS
posted by admin at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT業界 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

mixi 疲れ
Excerpt: 「ようつべ」「mixi疲れ」も はてなキーワード、今年も「現代用語」に 「...
Weblog: mixi ブログ
Tracked: 2006-11-10 12:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。