2006年11月09日

歪んだ口コミマーケティング

口コミを勘違いしていないか

J-CAST:NHKに取り上げられた 女子大生のブログ炎上

1日1万人からアクセスされるという坊農さやかさん運営のブログが、実は企業からお金を貰ったうえで商品の感想を書いていたのではないかと疑惑がかけられ失望した訪問者により批判が殺到したというニュース。私としては坊農さやかさんのブログは今まで知らなかったうえ、テレビ報道がどこまで真実をとらえているかも定かではないので彼女のブログの内容について言及するのは避けるが、坊農さんをカリスマと慕って彼女の記事を参考にしていた訪問者が、実は彼女の記事は企業によって操作されたものだと気付いてショックを受けるのは理解できる。

良いか悪いかは別として、企業が商品を試してもらったうえで原稿料を払い記事を書いてもらうというやり方が果たして「口コミ」と言えるのかは疑問を持たざるを得ない。本来、口コミとはユーザが商品を使って、自発的に感想を述べる事であろうし、企業側が頼んで書いてもらうのは、もはや口コミではなく単なる広告に限りなく近いものだろう。

また、坊農さやかさんが所属していたマーケティング会社「ナレッジパーク」にて以下のポリシーが書かれていた。

1. 弊社がブロガーに企業の商品について書いてもらう際には「提供された。」という一文を必ず冒頭に入れています。

2. 弊社がブロガーに企業の商品について書くことを依頼する際は、本人の感想をそのまま記載するよう伝えており、一切の脚色はありません。

3. 弊社のブロガーが掲載を依頼した商品の記事を書くことを拒んだ際には、それを尊重し、その旨を企業側に伝え、掲載することはありません。


特にこの「2」の部分に関しては問題があるのではないか。実際問題として、提供された商品に対して批判的な感想を述べる人というのはほとんどいないのではないか。特に書いた記事に対してお金が発生する場合は尚更であろう。

このようなやり方を「口コミ」と呼ぶのは結局は企業側の都合、つまり広告を広告と思わせないための手法でしかない。本当に「口コミ」マーケティングをしたいのであれば、ユーザが思わず「口コミ」したくなる商品を出す事が先決であろう。

[関連記事]
Scott's scribble - 雑記。:しかし、客観的には「商品提供あります」しか内容はあるまい。


posted by admin at 04:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | web このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
お邪魔します。
 思うのですが「そのまま使える文章」を書くの
はプロでも難しいのではないでしょうか。学術論
文でも「そのまま掲載」は権威クラスの人間のそ
れだと聞いた事があります。
 サプリや健康食品等で「効く」「治る」と書け
ば薬事法違反、金融商品等で「必ず儲かる」と書
けば特定商取引の「不実告知」・・・しかもそれら
は監督省庁の担当者等とやりあっていないと「ど
こまでが許容範囲内か」が分かりにくいとどこか
のブログで読んだ記憶があります。
Posted by ブロガー(志望) at 2006年11月09日 21:36
確かに商用文章を書く事に関して素人である人が書いた文章をそのまま掲載というのは難しいという事はあると思います。特に「薬事法違反」に関しては、あくまで紹介という形のアフィリエイトにおいても問題となる事があるくらいですので、企業が頼んで書いてもらう文章の場合はよりしっかりチェックされるのが普通でしょうし。

そういう点では、今回のニュースのような事例でも、ブロガー(今回の場合は坊農さやかさん)が書いた文章に対して、企業が一定のチェックを行なっていたと考えるのが自然なのかもしれませんね。
Posted by at 2006年11月11日 00:29
レスありがとうございます。
 であれから思ったのですが、坊農さやかさんの
場合はあたかも「企業側からちやほやされてい
る」かの様に伝えられた事がブログ"炎上"の原因
ではないでしょうか。「企業と広告代理店」「企
業」は「名目上は"対等"、実体は"企業側優位"」
だと思うのですが(バイラルマーケティング主催
者側にとって好都合な伝え方?)。
Posted by ブロガー(志望) at 2006年11月19日 12:45
「企業側からちやほやされている」坊農さんに対する「妬み」が"炎上"に一役かったというのはあるかもしれませんね。やはり、成功者は尊敬されると同時に、妬みの対象にもなりますので。

> 名目上は"対等"、実体は"企業側優位"
本来は消費者主体のはずの「口コミ」が、企業主体で作り出されているというのが現状でしょうか。
Posted by at 2006年11月20日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。