2006年12月12日

ドラクエの新たな挑戦−ドラクエ9、ニンテンドーDSで発売へ

RPGの代表格・ドラクエがニンテンドーDSで発売へ。ドラクエのナンバリングタイトルが携帯ハードで発売されるのは史上初。タイトルは「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」。2007年中に発売予定。

□ ITmedia:「ドラクエ9」はDSで 来年発売
□ livedoorニュース:有名クリエイター勢ぞろいの生誕20周年記念発表会で『ドラゴンクエストIX』発表!

それにしても思い切りましたね、スクエア・エニックス。てっきりWiiかPS3での発売かと思っていました。前作ではドラクエらしさを残しつつも、爽快感さえ漂う3D映像が話題となっていましたが、プラットホームにニンテンドーDSを採用する以上は、映像面で目新しさを出す事は難しいでしょうし、どのように斬新さを持たせていくかがキーでしょうか。

現在のところ、ワイヤレス通信を利用して複数人が一緒に冒険できる機能が発表されているが、これだけではアピールポイントとしては弱い。そもそもドラクエ9を持った人が複数人、集まる機会を作るのが難しい。子供ならまだしも、大人にとっては尚更、難しいだろう。

もうひとつ発表された「戦闘のリアルタイム化」は興味深い。所謂、「聖剣伝説」風の戦闘という事だろうか。従来のドラクエの戦闘方式にも、リアルタイム方式にもそれぞれ利点・欠点があるので今回の変更を一概に良いとは言えないが、上手くはまれば面白くなるだろう。

DSでのドラクエがどのような作品になるのか、期待が高まる。とりあえず、今月28日に発売される「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」が試金石となりそう。


posted by admin at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | IT業界 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
お邪魔します。
 要するに「RPGに高精細な画像処理がどこまで
必要か、必須なのか」という問題なのではないで
しょうか。なまじ情報があり過ぎても「想像力」
というかプレイヤーの入り込む(付け足す)余地
というものが少なくなってしまいますし。「高精
細な画像処理」には「レーシング」や「フライト
シミュレーター」といった「現実のそれをそのま
ま持って来る」のが合っていると思われます。そ
れでも「高精細な画像処理を持つゲーム機」用に
ソフトを作るとなると「他のゲームと比べて見劣
りする」ものは作れませんし、そうでないように
するとそこにコストがかかってしまいます。PS3
でもWiiでも無いという事は「ハードに先走られ
てもソフトは着いていけない。」という"悲鳴"な
のかなとも思ったりします。
Posted by ブロガー(志望) at 2006年12月18日 22:44
> ハードに先走られてもソフトは着いていけない。
PS3やWiiのソフトでは映画級の製作費がかかるそうですし、利益を上げるのが相当に困難になっているのでしょうね。製作費がかさむからといって、商品単価を大きく上げると買う人が減りますし。特にRPGのように、映像が綺麗である事と、需要とが必ずしも比例しないジャンルに関しては尚更、PS3やWiiである必要が無いと言えるかもしれませんね。

これまではゲーム機の進化というと映像にばかり目が向けられていましたが、そろそろ他の面に目を向ける時期なのかもしれません。そういう点でWiiが従来とは異なったタイプのコントローラを搭載した事は評価に値すると思われます。
Posted by admin at 2006年12月20日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。