2006年12月24日

SEOに強いドメインを取得するための5のルール

ドメインを取る時に何を考えていますか?

VALUE DOMAINで行なわれているドメイン取得価格の割引キャンペーンの期限もあと1週間余りと終了が近づいてきました。comドメイン790円、netドメイン690円もさることながら、infoドメイン390円が特に魅力的です。infoドメインの場合、comドメイン、netドメインに比べると空きドメインが多いため、意外と使いやすいドメインが空いていたりする事があるのが嬉しいですね。今回のキャンペーン中に私もinfoドメインを中心に10個ほどドメインを取得しました。もちろん、頭の中で描いているアイデアに対応して取得したドメインなので、実際にどの程度、活かしていけるかは未知数です。アイデアを上手く具体化できなかったり、具体化できたとしても利用者の需要と一致していなければ活かす事はできないので。しかし、ドメインは早い者勝ちですし、何よりinfoドメインに関しては普段の半額以下の価格で取得できるのは魅力的です。

さて、ここから本題。皆さんはドメインを取得する時にどのような事を考えていますか。今回は、私が考える「SEOを考えたドメイン取得のルール」を5つ書きたいと思います。なお、ここでいうSEOとはアクセスアップ全般を含めたものと考えていただけば幸いです。また、既にドメインをバリバリに使いこなしているという方にとっては得る事は少ないかもしれないので悪しからず。

1.ファーストレベルドメインは知名度の高いものを
com,net,jp,info,tv,nu,biz,org,cn,cc...など様々な種類が存在するファーストレベルドメイン。取得価格にこそ差がありますが、それを除けばどれを選んでも同じではないかという方もいると思います。しかし、アクセスアップを狙うのであれば知名度の高いものにすべきです。なぜなら、URLを直接、打ち込んでアクセスしてくれる方が覚えやすいのはcomやjpなどのありふれたドメインだからです。あなたもURLを覚える際にはexample.sgなどのマイナーなドメインより、example.comのようなものの方がスッと頭に入るのではないでしょうか。

では、どのドメインが良いか。私としては、出来ればcom、net、jp、それが無理であればinfo,biz,orgあたりを選ぶことをお勧めします。

2.セカンドレベルドメインは短いものを
セカンドレベルドメインは早い者勝ちなので好きなものが取れるとは限りません。実際、3文字のcomドメインを取得するのはほぼ無理ですし、4文字でも趣向にあったものを見つけるのは困難です。しかし、「1」と同じ理由(覚えやすい)で出来る限り短いものを取得すべきだと考えます。はっきりと覚えやすい意味があるものなら別として、文字数が長ければ長いほどドメインの価値は下がります。

そういう点では、まだ3文字ドメインもかろうじて取得可能、4文字ドメインは余裕で取得可能なjpドメインが使いやすいと思われます。

3.ドメインの過去をチェック
ドメインには未だに誰も取得した事がないもの、誰かが手放したものの二種類が存在します。前者であれば全く問題ありません。しかし、後者だと場合によって不都合が生じます。例えば前の利用者がそのドメインをスパムなどの悪質な目的で利用していた場合、スパム認定され検索エンジンから弾かれている恐れがあります。自分がスパムをしたのであれば自業自得ですが、自分は何もしていないのにスパム認定されてしまっては洒落になりません。このような事を防ぐためにも、ドメインを取得する前にそのドメインの過去を知っておく事が重要です。

Internet Archive
↑のサイトでドメインを入力するとそのドメインが今までどのように使われていたのかが分かります。もちろん、完璧ではありませんが、調べておいて損は無いと思います。

4.すぐに使う予定が無くても、興味があればとりあえず取得するのが吉
すぐに使う予定はないものの、妙に興味を惹かれるドメインが見つかる事があります。そういう時は、とりあえず取得しておくのが良いのではないでしょうか。jpドメイン、tvドメインなどだと取得価格がやや高いので敬遠しがちですが、com,net,infoドメインなどであれば1000円以下で取得できるので、とりあえず取っておいても良いのではないでしょうか。理由は2つ。

まず、ドメインは早い者勝ちだという事。あなたが興味を持ったという事は他の人が持ったとしても不思議はありません。他人に先に取られてしまうと、その後に本当に欲しいと思っても後の祭りです。

次に、取得直後のドメインは検索エンジンに弱いという事。特にGoogleは新しいドメインには若干、厳しい印象があります。この取得直後の弱さを回避するために、とりあえず取得して何かしらファイルを置いて、検索エンジンにクロールしてもらう事により、実際にそのドメインを活用し始める前に検索エンジンに弱い期間が過ぎてしまいます。

5.日本語ドメインもそろそろ旬
IEで見ようとするとプラグインが必要だったという事もあり、なかなか普及が進んでいなかった日本語ドメイン。しかし、IE7となって日本語ドメインが特にプラグインもなく表示できるようになったため、今後は日本語ドメインも取得候補に入れても良いかも知れません。日本語ドメインのメリットはメジャーな言葉でも、まだ取得されていないドメインがあるという事。欲しいドメインを取得できる可能性は高いです。

SEOという観点で見た場合の魅力は検索エンジンで表示された時にURL欄が日本語で表示されること(例:生茶.jp)によりインパクトがあるという点でしょう。検索エンジンでクリックされるためには、表示順位とともに、いかにインパクトを与えるかという点も重要ですので、その点で日本語ドメインは優秀です。

[関連記事]VALUE DOMAINドメイン割引キャンペーン


タグ:ドメイン SEO
posted by admin at 01:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | web このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
深謀遠慮するジョージか?オマーンの尼は長期にわたり生地のために適切な重さを増加して、再び人の完全に中性の色係をプラスして彼の設計のスーツの中に入って、彼の独特のものがあるオマーンの尼の商人のイメージを形成しました。これは職業の女性がすべきに啓発の地方を得ることがです。声がかれる光、色がない、重い感ルイヴィトンの財布ルイヴィトンスーパーコピーがあるのが白昼と職業の場所で現れる性質です完全に、この3つの要素は飄々としている財布の適切ではないだ場所で持ってきたのが軽佻で専門はと、責任感の誤解がなくないことを免れました。ルイヴィトンスーパーコピー
Posted by ルイヴィトンスーパーコピー at 2014年02月22日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。