2007年01月31日

ソフトバンクモバイルの0円携帯のトリックが明るみに

お金を請求されてから気付く0円携帯のトリック

神戸新聞:「0円携帯」解約に6万円 県、ソフトバンクに改善要望

ソフトバンクモバイルが大々的に宣伝していた「0円携帯」のトリックに気付いた人がいよいよ増えてきたらしい。実質、分割払いであるに過ぎない「0円携帯」だが、おそらくその事実が周知できていなかったのだろう。その事を知らずに契約したとしても、分割払いの支払いスタートが3ヶ月目からと設定されていたため、最初の2ヶ月は分割払いになっているという事実にはなかなか気付かない。ところが「0円携帯」プランスタート当時に契約したユーザがいよいよ3ヶ月目を迎え、携帯料金の請求額を見て、「なんだ、この分割払いは!?」と気付くわけだ。

ソフトバンクモバイル「0円携帯」プランは24回の分割払いで店頭で支払う頭金が0円という意味に過ぎない。つまり、実際はしっかり端末料金を支払わなくてはならないわけだ。しかし、この売り方があまりにも常識からかけ離れているのは誰が見ても明らかだろう。

例えば、家電店で液晶テレビを分割払いで買うときに「購入当日は料金を頂きません」と言われたとして、それを果たして「0円」だったというだろうか。

ソフトバンクモバイルが「無料」とも「タダ」とも言わずに、「0円」としたのは、この分割払いのトリックを仕込むためだったのだろう。

投資商品や保険商品の世界では、「複雑なものほどユーザが損をする」のが一般的であるし、やはり携帯の契約においてもその法則が当てはまるのだろう。


タグ:Mobile softbank
posted by admin at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT業界 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。