2006年10月28日

YouTubeへのリンクは違法?−日本の著作権の問題点

YouTube利用方法のグレーゾーンへの一解釈

ITmedia:「YouTube人気動画リンク集」は合法か

最近、何かと話題となるYouTube。これだけ話題となるとYouTubeにアップされた動画にリンクを貼るサイトも当然、膨大な数となるわけだが、小倉秀夫弁護士がYouTubeにアップされている著作権侵害動画にリンクを貼る事は「自動公衆送信権侵害のほう助」となる可能性を指摘している。

確かに明らかな著作権侵害動画へのリンクは著作権的にグレーゾーンであると感じてはいたが、かといって著作権侵害物へのリンクを違法としてしまうとそもそもインターネットによる情報公開が非常に危険な事となる。例えば、どこかのブログ記事に興味深い事が書かれていると思いリンクを貼ったが、実はそのブログ記事は雑誌からの転載だったという事も充分にありうる。もちろん、故意でなければ問題無いという論点もあろうが、リンク先が著作権侵害コンテンツであると知って故意にリンクを貼ったという事を、リンクを貼った本人以外が判断するのは難しい。このような曖昧な法運用は危険となりうる。

また、同記事において白田秀彰助教授が「著作権法が現在のネット社会に合わなくなってきているのではないか」との指摘があるが、この点については以前の記事(JASRAC・テレビ局がYouTube動画3万件を削除申請)でも書いた通り、私も非常に似た考えを持っている。もちろん、著作権の必要性は理解しているつもりであるし、自らの著作物が法律で保護され、それによって正当な対価や名声を得られるようにする事は著作者のモチベーションを高める重要な要因であろうから著作権は無くてはならない権利だと考える。

しかし、現状では創作者のモチベーションを高めるプラスの効果よりも、既得権益により成功者を固定してしまうマイナスの効果の方が大きいと思われる。このマイナス効果を表す顕著な事件としてJASRACが著作権による保護期限を著作者の死後50年から70年に延長するよう要請した事例があげられる。この事件は著作者を尊重しているというよりも、明らかにJASRACという著作権団体による既得権益の維持を目的としていると考えられる。

つまり、既得権益者が著作権に関して柔軟な発想を持つ事ができなければ、日本からウェブを引っ張る企業が現れる可能性は極めて低いと言わざるを得ない。その点からも、YouTube動画へのリンクだけで罪に問うのはもってのほかであると言える。
タグ:YouTube 著作権
posted by admin at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月21日

JASRAC・テレビ局がYouTube動画3万件を削除申請

法律的に正しくても、感じる違和感

ITmedia:YouTubeが動画3万件を削除 日本のテレビ局やJASRACが要請

JASRACおよびテレビ局などが10月2日から6日までの5日間を「YouTube対策強化週間」と定めて、YouTubeに掲載されている著作権的に問題のある動画約3万件について削除申請を行なったようです。著作権に異常に敏感なJASRACやテレビ局の事ですから、いずれはこうなるだろうとは思っていましたが、思ったよりは遅かったという印象ですね。やはり、YouTubeがGoogleに買収された事により利用者が増える事を見越しての措置でしょうか。

ただ、画質も悪く、数分の長さしかないYouTube動画がテレビ局に大きなマイナスの影響を与えていたとは考えづらいですし、これほどまでに敏感に反応する必要があったのかは疑問。24時間マラソンの恫喝事件のようなものを動画付きで指摘されてしまうのはテレビ局としては都合が悪いのでしょうが。

法律的には全くもって正しい今回のJASRAC・テレビ局の行動ですが、何故か違和感を感じてしまうのも、また事実。「これはひどい:YouTube3万件削除事件」で指摘されている「著作権そのものに不備がある」という意見に頷ける部分がある。やはり、テレビ放送という公共財を利用して流された番組をテレビ局が独占的に利用するというのはいかがなものか。引用などの解釈範囲を広げても良いように思われる。

現状では、JASRACやテレビ局などの著作権団体に「私たちの手のひらの上で楽しんでください」と言われているようで、あまりいい気はしない。
タグ:YouTube 著作権
posted by admin at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月17日

Wiiを使ってYouTube動画をテレビで楽しめる・・・のか?

Wiiの新しい使い方の提案

Airtight:Coming Soon - YouTube on your TV
GIGAZINE:「wii」を買うとYoutubeの動画をTVで見られるかもしれません

Wiiに搭載予定のブラウザ・Operaを使うことにより、テレビでYouTubeを楽しめるのではないかという提案ですが、実際には無理があるのではないかと。

もちろん、Operaを使ってYouTubeの動画を表示する事自体は出来るような気がしますが、YouTubeの場合、画質の悪い動画が大半なのでテレビ画面の大きさだととても見れたものではないでしょう。Googleによる買収の影響で画質の良い動画を見られる環境が整っていくのであれば話は別ですが。
タグ:YouTube Wii
posted by admin at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月20日

YouTubeの今後の方向性〜YouTubeとワーナーが提携

YouTubeのビジネスモデルに新たな展開!?

YouTubeとWarner Musicの提携が発表されました。(参考:GIGAZINE
これまでYouTubeには広告収入が大半の状態で、膨大なトラフィックから生まれるコストに耐え切れるのかという不安があったわけですが、今回の提携によりビジネスモデルが確立していくかもしれませんね。有料動画のネット配信というのはだいぶ割の良い商売らしいので。

それにYouTubeにとって大きな問題であったであろう著作権問題を、著作権判別システムの提供によりYouTubeへの収入手段に変えてしまう可能性があるのも大きい。

ただ、YouTubeは現在の無料で著作権的に微妙な動画を見られる状態が人気の一つの要因であるのもまた事実。YouTubeが有料動画の配信サイトとなれば魅力は薄れるでしょうから、有料動画配信ビジネスと無料動画配信ビジネスをどのようなバランスで両立していくかが今後の課題でしょうか。
posted by admin at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月18日

「北斗の拳」テンションの上がる動画

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 初回限定版テンションが上がらない日はこれで笑ってテンション上げましょう!

YouTube:トリビアの泉 No.984 - Spring of trivia No.984

「トリビアの泉」は普段、見ていないのですが、これは爆笑です。途中からはナレーションが聞き取り辛い程のハイテンション。

関連情報:真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
タグ:北斗の拳
posted by admin at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月05日

マリオ、Bダッシュ無しで7分2秒クリア

YouTube:Super Mario Bros. NES in 07:02 Without the B button

スーパーマリオブラザーズを7分2秒でクリアする動画。しかもBダッシュを使わずに。見ているこちらがハラハラする程、ギリギリのプレイ。

関連記事:GIGAZINE
タグ:マリオ
posted by admin at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。