2006年09月28日

検索エンジンとのSEO的相性

自分の作ったサイトはGoogleでは上位表示されやすいけど、Yahooではパッとしないというクセのようなものがありませんか?

複数のサイト・ブログを管理していると感じる方も多いと思うのですが、私も最近、強く感じてます。私の場合、自分でHTMLを書いたサイトはMSNには上位表示されやすいのですが、Googleとの相性は今ひとつという結果になりやすいです。逆にGoogleでは上位表示されるけど、MSNでは駄目という方もいらっしゃるのではないでしょうか。検索エンジンのアルゴリズムにより、このようなクセがあるのは面白いなと感じます。アクセス数で考えるのであれば、日本ではYahooで上位表示されやすいクセのある方が有利ですかね。

なお、私の利用したことのある無料ブログでは、このブログで利用しているSEESAAブログは"Googleと相性が良い"、別のブログで利用しているFC2ブログは"Yahooと相性が良い"ような印象を持っています。ただ、Yahooの検索エンジン・YSTはアルゴリズムがガラッと変わる事が多いので最近は必ずしもFC2ブログと相性が良いとは言えないような気はしますが。

以前の記事「SEO対策に特殊な事は必要ない」で書いたとおり、私はこまごまとしたSEO対策はしないタイプなのですが、たまにはHTMLの書き方に少し変化を付けてみて各検索エンジンの結果にどのような影響を及ぼすのかを調べてみるのも面白いかなと思いました。
タグ:SEO
posted by admin at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月15日

SEO対策に特殊な事は必要ない

SEO対策に注力しすぎていませんか?

ウェブサイトの作成に慣れてくると気になりだすのがSEOのこと。私も一時期、かなりこまごまとしたSEO対策をしていた事がありますが、多くの場合、目立った効果はありません。

むしろ、それなりに整理されたHTMLコードさえ書いておけば、あとはサイト運営に力を注ぐ方が効果が高いと思われます。サイトの質が高まっていけば自分のサイトのファンも増え、リンクも自然に増えていくため、結果としてアクセスアップに繋がります。

このようなSEO対策事情が住太陽のブログ「SEOの10のステップとSEO業界の裏側」にて丁寧に解説されていました。

「10のステップ」として紹介されている事も多少、SEOをかじった事がある方ならば当たり前の事ばかりです。もちろん個人サイトでは「10のステップ」のうちのいくつかは手を抜いてしまうという事もあるでしょうが、知識という点ではSEO業者と個人との間の差は小さいという事ではないでしょうか。

初心者向けのSEO対策本として有名な鈴木将司さんの『ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック』に「ロボット検索エンジン対策を施すと、人間にとってもわかりやすく、見たいコンテンツのあるページに簡単にいける便利なページになることがよくあります」という頓珍漢な記述もありますが、おそらく「人間にとって利用しやすく、役に立つコンテンツであれば、自然とロボット検索にも良いページになる」という表現が正しいと思います。もともと検索エンジンというのはツールですから、検索エンジン主体ではなく人間主体に考えるのが自然です。

私としてはこまごまとしたSEO対策をする暇があれば、コンテンツを充実させていく事をお勧めします。
タグ:SEO
posted by admin at 02:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | SEO このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。